米国産ポテトとは

生産者のご紹介

生産者のご紹介

米国のポテト生産者は、年間を通じて豊富に生産されるポテトの中から
高品質なポテトを加工業者に供給しています。

potato5_02

米国産ポテト生産者のご紹介

potato5_03

クラーレン&シェリル クーンピン

 環境スチュワードシップ(環境配慮の取り組み)で表彰を受けたクーンピン農場は、1964年に80エーカー(32ヘクタール)の農場から始まり、現在では所有する11,000エーカー(4,400ヘクタール)のうち3分の1でポテトを栽培しています。三代目のカムレンとカイルは、同農場の伝統を受け継ぐべく、日々従事しています。まさに情熱溢れる“ポテト”一家なのです。

シェリル クーンピンは、米国産ディハイポテトの調理方法を伝える食料援助活動のため、米国ポテト協会とともに2005年に西アフリカのセネガルを訪問しました。現在もシェリルは同協会に積極的に関与しており、この分野での米国産ポテトの普及に力を注いでいます。

「私たちは農業従事者として、栄養価の高い食物を豊富に生産することに誇りをもっています。しかし、世界の人口の半数は飢餓と貧困によって栄養不良の状態にあります。この旅によって、私はポテト業界の発展に貢献するという自分自身の使命をどうすれば果たせるのかに気づくことができました。難しいことではありません。世界中に食料を供給することで、私たちの地域農業を経済的に活性化できるのだと思います。」

このページの先頭へ