お役立ち情報

発見!ポテトの実力

一覧へ

東京基地 三軒茶屋店

既存メニュー: フライドポテト(塩コショウ・ハバネロ・バーベキュー)
新メニュー: アボカドサルサソース ポテトフライ チェダーチーズかけ

女子大近くの女子率の高い店。キャンペーンメニュー導入で既存メニューの注文数まで大幅アップした。意外だったのは、デザートと一緒に頼む人が多かったこと。一通り食べ終えて物足りない時に注文しやすいアレンジだったようだ。既存メニューは40代、キャンペーンメニューは若い層に人気が高く、いずれも原価率が低く利益アップが見込めそうだという。

選択肢が増えたと、お客様に喜ばれました。追加の一品として注文しやすいので、しばらく継続する予定です。

ワイン酒場Colts 桜木町店

既存メニュー: 定番ポテトフライ
キャンペーンメニュー: ナポリサラミとポテトフライのピッツァ風

駅からすぐ、仕事帰りの男女でにぎわうお手頃価格のイタリアンレストラン。ピザ風のフライドポテトでキャンペーンをしたところ、レギュラーメニューより100円高くても結果は上々、定番フライドポテトまで相乗効果で底上げできた。大満足の店長、“Plus 1 Fries”を定番化することにしたそうだ。

2種類になってお客様に選ぶ楽しみができた。オペレーションの負担も大きくないし、メニューを増やして大正解!

咲かせよダイニングHI-MAWARI

既存メニュー: アンチョビポテト
キャンペーンメニュー: フライドポテト4種のディップソース添え

メニューの豊富さが好評のオシャレな隠れ家風のダイニングバー。一皿で4種のソースを自由に楽しめるのがタパス好きな女性の心を掴んだようだ。事前に仕込んでおけるディップソースなら、オペレーションに負担は少ない。ベースや味でメリハリを工夫すれば、効果的・効率的なメニューがつくりやすい。

メニューが2種類あるとポテトに注目するせいか、注文するお客様が増えましたね。“選べる楽しさ”がポイントでした。

※キャンペーンは2016年5月に1か月間実施。同年3月の注文数と比較して換算。

このページの先頭へ