お役立ち情報

発見!ポテトの実力

一覧へ

アメリカンスタイルのピザ生地とは?

アメリカンスタイルのピザはイタリアのピザに比べて大きく、地域によっては生地が厚く甘みがあります。ディープディッシュピザ、あるいはシカゴ風ピザと呼ばれることもあります。

米国産ディハイ(乾燥)ポテトをピザクラストに使用した商品開発レポート配合率を数段階に分けて実験した結果、最適な使用割合は14%と判明さまざまなメリットが表れました!

米国ポテト協会は、フィリピン大学の食物栄養科学科と、ホテル・レストラン・組織管理学科の教授陣に依頼し、スタンダードポテトフレークとスタンダードポテトグラニュールの2種類の米国産ディハイポテトを利用したピザクラストの実験を行いました。生地に加えるディハイポテトの割合を8%から20%まで段階的に変えて、伸展性、焼いた際のふくらみ具合、気泡の大きさ、生地の食感、弾力性、風味について実験。結果、それぞれに最適な配合は14%ということが分かりました。


スタンダードポテトフレーク

スタンダードポテトグラニュール

ココがスゴイ 1

味・食感・風味が
変わりました。

米国産ディハイポテトを加えると、焼き上がりはフライドポテトの香りがほのかに漂い、香ばしさが増します。生地には不規則で大きな気泡ができるため食感が良く、外皮はカリッと、中はもっちりと焼き上がります。

ココがスゴイ 2

より柔らかく
伸展性が向上。

調理も申し分なく、生地には適度な弾力性があり、べたつかず、柔らかく簡単にカットできます。また、伸展性が向上するため、丸めたり型の中で伸ばす作業も容易で、希望のサイズや形にすることができます。

ココがスゴイ 3

総重量が増え、
コストに影響。

ディハイポテトはより多くの水を必要とするため、でき上がりは生地の重量が増えます。標準配合を利用し、ディハイポテトの配合率を最適な14%にした場合で30g~40g。これにより、材料のコスト改善が期待できます。

各国で絶賛の声! 米国産ディハイポテトを使用したポテトピザの売れ行きが好調!

ピザクラストを2層にして
おいしさと食感を強化

「SCOOZI イタリアンレストラン」のシェフが考案した「スーパーピザ」には、柔らかくふっくらとした生地を保つためスタンダードポテトフレークを使用。発売後1カ月で3,000 枚が売れ、売り上げが10%増加しました。

クラスト感や食感が
良くなり賞味期限が延長

イタリアンレストラン「Nanot’s Pizza and Pasta」やピザ店「PizzaVille」では、ピザクラストにスタンダードポテトフレークを使用。各店のオーナーからは、クラストの味や食感が改善され、賞味期限が延びるという報告があります。

米国産ポテトはピザの
トッピングとしても最適

韓国のピザ店「Mr.Pizza」では「牛もも赤身肉のピザ」のトッピングとして、米国産ポテトスティックを使用しています。特製スパイスで味付けしており、チーズとの相性も抜群。現在では人気の定番メニューとなっています。

このページの先頭へ