お役立ち情報

発見!ポテトの実力

一覧へ

居酒屋やカフェの超定番・フライドポテト。ただ、必ずと言っていいほどオーダーするだけに、いつもの塩味やケチャップ添えでは少々飽きもあるようで、新感覚を待望する声が圧倒的に多かった。

「お酒にポテト」は、もう常識!?

酒を飲む時、どのくらいの人がポテトを頼むだろうか。「ぜったい頼む」17%、「頻繁に頼む」46%、なんと6割以上がポテト好き。新メニューへの期待値も大きい。

ローディッド・フライは注目度満点

最近、日本でもボツボツお目見えし始めたローディッド・フライ。消費者の興味は急上昇、メニューに加えれば注目されることは間違いない。

ローディッド・フライとは

フライドポテトに、ステーキやシーフード、アボカドやチリビーンズなどの具材をたっぷり山盛りにのせ、具材に合うソースをかけたフライドポテトメニューです。本場アメリカでは、ファストフード店やダイナーでオリジナルメニュー提供されていて、各州でおすすめのメニューや人気ランキングなどがウェブメディアで紹介されるなど話題になっています。

ここがすごい! ローディッド・フライ4つのポイント

  • ここがすごい! 1

    サプライズ感抜群

    ボリュームもあり、具材やソースでインパクトも強い。一般的なフライドポテトとまったく表情が違い、インスタ映えもする。

  • ここがすごい! 2

    定番と相乗効果

    フライドポテトのメニューを増やしても、既存メニューに影響することはまずない。逆に相乗効果で出数増加が期待できる。

    ※詳しくは、Plus 1 Fry キャンペーン(居酒屋編①)をご覧ください。

  • ここがすごい! 3

    マンネリ化と無縁

    ローディッド・フライは具材やソースでバリエーション展開が簡単にできる。月替わりや季節限定メニューもつくりやすい。

  • ここがすごい! 4

    食材調達がラク

    他メニューの食材を活用して簡単にアレンジできるのも強み。新たな食材を仕入れる負担に悩むことなくメニュー開発ができる。

※調査概要:20~40代の一般消費者300人に「ローディッド・フライ調査」を実施/期間:2017年3月10日‐3月22日(1週間)/調査手法:インターネット

このページの先頭へ