お役立ち情報

発見!ポテトの実力

一覧へ

ウイスキー・ソースがおすすめ

酒と料理のペアリングの鉄則は共通する風味にある。ハイボールならウイスキー風味の料理がいい。事実、アメリカではバーボンの銘柄を冠したステーキソースが大人気。ウイスキー風味のローディッド・フライならハイボール人気もさらに盛り上がること間違いない。

ポークアップル ローディッド・フライ

フライドポテト、ソテーした豚肉(薄切り)に、甘酸っぱいりんご風味の豆乳ソースをかけ、ベビーリーフを添えて。レンズ豆のウイスキー煮がアクセント

アップルクリーミーソース
〈ソースの材料〉
りんご(小角切り)…40g、生クリーム…50ml
豆乳…100ml、ウイスキー…20ml、バター…10g
小麦粉…5g、塩・こしょう…適量

〈ソースの作り方〉
1りんごをバターで炒め、小麦粉をふり入れ、さらに炒める。
2ウイスキー、豆乳を加えて軽く煮込む。
3生クリームを加え、塩、こしょうで味を調える。

レンズ豆のウイスキー煮
水切りしたレンズ豆(水煮)を、水とコンソメ、ウイスキーで煮て、塩、こしょうで味を調える。

チキンハニーマスタード ローディッド・フライ

ソテーした鶏もも肉とウイスキー風味オニオンソテーに、はちみつの甘みとマスタードの酸味が絶妙なソースをかけた一皿。水菜で彩りを添えて。

ハニーマスタードソース
〈ソースの材料〉
玉ねぎ(みじん切り)…10g、小麦粉…5g、ウイスキー…30ml、しょうゆ…15ml、粒マスタード…15g、はちみつ…20g、玉ねぎ(すりおろし)…10g、水…100ml、サラダ油…適量

〈ソースの作り方〉
1サラダ油で玉ねぎのみじん切りを炒め、なじんできたら小麦粉をふり入れさらに炒める。
2ウイスキー、しょうゆ、粒マスタード、はちみつ、おろし玉ねぎ、水を加えて煮込む。

ウイスキー風味オニオンソテー
サラダ油で薄切りの玉ねぎをしんなりするまで炒め、ウイスキーをふり、塩、こしょうで味を調える。

スカートステーキのローディッド・フライ

フライドポテト、ソテーした牛ハラミ肉を、黒こしょうとバーボンのパンチの効いたソースで。クレソンとピンクペッパーを添えて。

バーボンクリームソース
〈ソースの材料〉
ビーフコンソメ…200ml、黒挽きこしょう…1.5g、バーボンウイスキー…15ml、粒マスタード…5g、生クリーム…60ml、コーンスターチ…適量

〈ソースの作り方〉
1鍋にビーフコンソメと黒挽きこしょうを入れ、半量になるまで煮詰める。
2バーボンウイスキー、粒マスタード、生クリームを加え、コーンスターチでとろみをつけて仕上げる。

高品質のフライドポテト

米国産ラセットポテトは最高品質のフライドポテトをつくります。そして、米国産フライドポテトは消費者が求める品質で売上と利益の増大につながります。

食欲をそそる色

肉と野菜をベースに。肉ならステーキ肉や挽き肉のほか、ベーコン、チョリソ、ハム、コンビーフ、スパムなどの加工肉など。野菜はフレッシュでも加熱してもOK。食感と彩を考え、五感に訴えるメニューを目指そう。

おいしさ

米国産フライドポテトは、米国産ラセットベイクドポテトと同じ味わいがあります。外はカリッと香ばしくて味わい深く、中はホクホクした軽い食感が魅力です。

食感のよさ

米国産フライドポテトは水分が少なく、固形分が多いので、外はカリッと、中はホクホクしています。しなびてぐにゃっとしたフライドポテトではなく、米国産フライドポテトをおすすめします。

このページの先頭へ