お役立ち情報

シカゴ在住
なっちゃんの最新ポテト事情

一覧へ

アメリカ南西部のイリノイ州最大、世界有数の都市、シカゴ。高級レストランからカジュアルファストフードに至るまで独特の発展を遂げている都市で、スタッフドピザやサンデー発祥の地、最大手のファストフードチェーンの1号店が誕生した場所としても知られています。当コーナーでは、シカゴ在住の筆者が現地の人気店をレポート、日本人の2倍以上のポテトを食べているアメリカ人のポテト事情をリアルにお伝えします。

ローディッド・フライのトレンドを探る
テーマパークのポテトメニュー

カナダ生まれのローディッド・フライ

 日本で「プーティン」という名前を耳にするようになったのは2010年頃からだと思う。グレービーソースをかけ、チーズカードをトッピングしたフライドポテトのことで、カナダでは1950年代に誕生したとされる伝統的なメニューで、カナダ発ローディッド・フライの代表選手である。
 プーティンはカナダのフードコートには必ずあるメニューのひとつで、大手フランチャイズチェーンでは、2008年にSmoke’s Poutinerieがトロントにプーティン専門店を創業、2014年にアメリカのカリフォルニアに進出した。近年ではアメリカのニューヨークやシカゴのような大きな都市のブルワリーや、ウィスコンシンなどのチーズが有名なエリアでは、その土地を謳ったチーズカードを売りにして多くの店がメニュー展開している。
 メニューとしては、バー、ブリュワリー、バーガー店では、プーティンとなっている場合が多く、またカフェ、レストラン、カジュアルなバーガー店などになると「ローディッド・フライ(Loaded Fries)」としてトッピングも様々にアレンジされメニューに並んでいる場合が多く見られるようだ。

テーマパークで人気のメニューは?

 2016年4月、この「プーティン」を店名にしたローディッド・フライの専門店がフロリダ州オーランドの某有名テーマパークに登場した。アメリカ人なら大人も子どももフライドポテトは大好物、流行らないわけはない! と思いつつも様子を伺ってみたところ、予想通りに行列が絶えない人気店となっていた。
 老若男女が集まるテーマパークのメニューを覗けば、アメリカのトレンドも伺えるに違いない、ということで今回はプーティンのメニューを詳しく紹介しよう。

左上から時計回りに
IRISH STOUT POUTINE($9.39)、
FRENCH POUTINE($9.39)、
ITALIAN POUTINE($8.99)、
CLASSIC POUTINE($8.49)、
LATIN POUTINE($9.39)

IRISH STOUT POUTINE ※シーズンメニュー
フライドポテトの上に、ザワークラウト風の赤キャベツの煮込み、アイリッシュスタウトのチェダーチーズソース、カリカリのコーンビーフ、チャイブの千切りがのっている。赤キャベツの酸味と、スタウトチェダーソースのバターのような濃厚な甘みが印象的だ。

FRENCH POUTINE
フライドポテトの上に、マッシュルームクリームソース、グリュイエールチーズのシュレッド、イタリアンパセリ。濃厚なマッシュルームクリームソースがクリーミーで、グリュイエールチーズとポテトに絡まる。伸びるチーズが見た目にも楽しい、とても満足感のある一品。

ITALIAN POUTINE
フライドポテトの上にモッツアレラチーズとボロネーゼソース、トッピングはパルメザンチーズのシュレッドとイタリアンパセリ。ソースにはトマトの酸味がしっかり残っているのがポイント。ポテトとソースの絡みが少ないことと、パンチが弱めなのが惜しいと感じるかもしれないが、あっさり系が食べたい方にはおすすめだ。

CLASSIC POUTINE
フライドポテトの上に、濃厚なビーフグレービー、チェダーチーズカードがのったベーシックなプーティン。深い味わいのビーフグレービーがチーズカードのナチュラルな甘さを引き立てながらポテトにいい感じに絡まって、絶妙なバランスで食べごたえもある。

LATIN POUTINE
ユカ(キャッサバ)フライの上に、ブラックビーンズのラテンアメリカ風煮込み、プルドポーク、サワークリームソース。トッピングはイタリアンパセリ。ユカは南米原産の根菜で、甘味のある男爵芋のようなイメージだ。やみつきになりそうなシランチェロ(パクチー)とにんにくの独特の風味、ジューシーなプルドポーク。ブラックビーンズの健康的なイメージと、日本人が好きな要素がてんこ盛りの、タコスのようなローディッド・フライだ。

なっちゃんのプロフィール

日配やオンライン通販など食品カテゴリーの営業を経て、業務用食品の営業、マーケティングを経験。現在はフリーランサーとしてアメリカフードサービス業界の情報を発信している。

 店のスタッフによると、好きなメニューは、LATINとIRISH STOUT、お店の売れ筋は、CLASSICとFRENCHだという。わりとコンサバティブなタイプの売れ行きがイイらしい。

このページの先頭へ