世界のポテト料理

ピエロギ ルスキェ

ピエロギは、ポーランドを代表する伝統料理で、東ヨーロッパ周辺で様々な呼び名で親しまれているダンプリング(餃子のようなもの)です。小麦粉で作った柔らかい皮にひき肉やキャベツ、ポテト、全乳チーズや洋乳チーズ、キノコなどを包み、茹でたり焼いたりして調理します。
ポーランドでは、おやつや前菜として食べられていて、ビルベリーなどの新鮮な果物を具材にしてデザートとしても人気です。たっぷりのバターで香ばしく揚げたパン粉やオニオンを散らしたり、ハーブ入りのグレービーソースやはちみつと砂糖で甘く味付た溶かしバターを添えます。さまざまな具材やその組み合わせの中でも、広く知られているのは、マッシュポテトと白チーズ、炒めたオニオンを包み、茹でてつくるピエロギ ルスキェ(ルシン人*のピエロギ)。これは、北アメリカでも人気のピエロギで、一般のスーパーでも冷凍食品として売られているそうです。

*ルシン人とは、ウクライナ語の起源とするルシン語をはなすスラブ系民族

pierogi
使用できる米国産ポテト製品
マッシュポテト(板状)dehydrated_flakeスタンダードポテトグラニュール

« 世界のポテトメニュー一覧へ

このページの先頭へ