ポテトの栄養

ポテトと肉の美味しい関係

Healthy Potato Life

ポテトと肉は好相性

ステーキやハンバーグなどとともに盛りつけられるフライドポテトやマッシュポテト。この定番の組み合わせは、実は栄養学的に見ても絶妙だといわれています。

この組み合わせによって期待できる効果は、アンチエイジングや抗酸化作用、美肌効果、体内の塩分調整や貧血予防など、多岐にわたるのです。

アンチエイジング・抗酸化作用

現代人の多くはストレスを感じているといわれています。そしてそのストレスなどが原因で免疫力が低下し、体調不良を引き起こすことがあります。これこそが老化のサイン。老化のスピードを早める活性酵素に対抗する体作りをすれば、老化を抑制することができると考えられています。

そこで「ポテトと肉」の登場となります。ポテトに含まれるビタミンCやビタミンB1、そして肉のタンパク質はストレスに負けない強い体作りにとって、欠かせない要素なのです。

ポテトのビタミンCはでんぷんに守られており、加熱調理で失う量がわずかなので、効率よく体に取り込むことができます。また、ポテトのファイトケミカル※が活性酵素を無害化して、生活習慣病や老化を防ぎ、肉の良質なタンパク質が免疫機能を高めてくれます。

美肌効果に!

肉などに含まれる、コラーゲンの元となるタンパク質と、ポテトのビタミンCで美肌効果が期待できます。ビタミンCは紫外線から肌を守り、シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑え、美しい肌を保つのに役立ちます。
また、ポテトと肉を一緒に食べると、体にビタミンCを上手に取り込むことができます。

体内塩分の調整

ステーキや煮込み料理などは塩分が高くなりがちな料理。そんなときポテトを一緒に食べれば、ポテトに含まれるカリウムが、摂りすぎた塩分を体の外に運び出す役割を果たしてくれるのでおすすめです。
ポテトのカリウムは、バナナやブロッコリーよりも多く含まれているので、肉と一緒に食べることは、減塩したい方にとっても理想の組み合わせといえます。

貧血予防

貧血で困っている方、特に女性は毎月の月経で血液を失い、貧血になりやすい傾向があります。

赤身肉の鉄とタンパク質、ポテトのビタミンCを一緒に食べると、鉄が体に取り込まれやすくなります。貧血対策のためにも、ポテトと赤身肉で、鉄をもれなく摂り入れましょう。

PROFILE

斉木 美江(さいき みえ)
管理栄養士・フードコーディネーター

香川栄養専門学校(現:女子栄養大学短期大学部)を卒業後、(株)フードマーケティングにてメニューを開発。イベント会場での料理作成やスーパー・デパートでの料理教室講師、食育学習講師、食事相談などに携わる。